ABOUT

デザインでものがたる

わたしたちが意識するのは、課題に応じて機能するストーリーです。

デザインを機能させるためには、情報を受け取った人の行動がどう変化し繋がっていくのかを、具体的にイメージしながら、前後関係をデザインしていく必要があります。

わたしたちは、伝えたいことにどのような背景があり、この先どう変化していくのか?
周辺を理解した上で、心が動くような「ものがたり体験」として、デザインを考えます。コンテンツは背景も含めた世界観全体を文脈として伝えた方が、記憶にも行動にも反映されるからです。

Webブランディング、コーポレートサイト、PRサイト、ロゴデザイン、映像制作、プロダクト——
どのようなクリエイティブを考えるときでも、わたしたちが意識するのは、課題に応じて機能するストーリーです。

リサーチ、プラン、エンジニアリング、社内のアクションすべてを「デザイン」と定義し、その成果を機能するストーリーに落とし込んで参ります。

Research and Development

フィールドをリサーチし、自らオリジナルプロダクトやサービスを考えることで、「気づき」を集め、ユーザーを身近に観察します。自発的な活動を通じて、社内に蓄積されていくデザインやコミュニケーションのノウハウを使って、会社・ブランド・商品の新しいものがたりをデザインしていきます。